将棋を100倍楽しむ!

藤井六段が詰将棋選手権4連覇!3年ぶりの全問正解で華を添える

time 2018/03/25

第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦が本日開催され、藤井聡太六段がただ一人全問正解で優勝し、史上初の4連覇を達成しました。


出典:スポニチ

前後半で各5問ずつ出題されるチャンピオン戦は、1問10点の100点満点の採点結果と、同点の場合は前後半各90分の制限時間をどれだけ残したかで争われます。

第1ラウンドの第5問は藤井六段以外誰一人正解者が出ないなど、例年以上に難易度が上がっていたようですが、藤井六段は第1ラウンドを55分で退室し、幸先の良いスタートを切ります。

昨年は第1ラウンドを24分という驚異的な早さで退室しながら、痛恨の誤記により1点減点されてしまった藤井六段。今年はその経験も活かし「5分間見直して」、満点を獲得しました。

第1ラウンド2位は第5問で部分点を獲得した44点の宮田敦史六段。3位は40点の同率で10名が並びました。

第2ラウンドでも、最終第10問にモンスター級の難問が出題されました。あまりの難易度に、第1ラウンドの成績上位者の中には第10問を諦め、同点による持ち時間の勝負になると読んで4問解答した時点で制限時間前に退室する参加者もいました。藤井六段対策で問題の難易度があまりにも上昇したことで、大会に戦略的な駆け引きが生まれたようです。

藤井六段は第2ラウンドは制限時間を全て使い切りましたが、第1ラウンドに続き全問正解で優勝を飾りました。2位は同じく第2ラウンド全問正解の宮田敦史六段、3位には難関の最終第10問を正解した及川拓馬六段が入りました。

9位までを棋士と奨励会三段が独占するハイレベルな争いの中でも、さらに別格の速さを見せつけた藤井六段。さすがに来年も優勝するようであれば、5連覇による「永世」称号を新設して出題側へ回って頂くしかなさそうですね(^-^;。

成績上位者及び棋士の得点一覧

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 

down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。