将棋を100倍楽しむ!

名人戦第1局は1日目から大乱戦に、封じ手以降の展開を予想

time 2018/04/11

佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑戦している第76期名人戦七番勝負第1局は、佐藤名人が38手目を封じて1日目が終了しました。


佐藤名人の横歩取りに対し、羽生竜王が最も激しい変化に飛び込んだことで序盤早々から大決戦となりました。

▲4八玉の局面で封じ手時刻の18時30分を迎え、佐藤名人はすぐに封じました。

まだ38手目とは思えないほど激しく斬り合っていますが、お互いに研究範囲からさほど離れていない可能性もありそうです。ただし次に▲4一銀や▲2四桂が間に合ってしまうと後手陣はもたず、自然な△6七馬では将来▲5八銀と弾かれる手があってあまり攻めにならない上、6筋の歩が切れると▲6四歩が厳しいため、後手の候補手は限られています。

封じ手は△1二角だと予想します。▲2五竜に△6七角成と成れば、単に△6七馬と比べ先手の竜の位置と後手の7八馬を盤上に残したことがこの場合はプラスに働きそうです。以下、▲6四歩と打たれる手は厳しいものの、△同歩、▲5五桂に△5一桂と辛抱しておき、後の△2六歩を楽しみにする感じでしょうか。馬が2枚いるため▲5八銀には△3四馬と竜取りに引く手があり、持ち駒次第では将来いきなり△4九馬と切って詰む可能性もあるため、先手も指し手を制限されている形です。

数手前までは駒得の佐藤名人がやや指せるのかと思っていましたが、現局面は形勢不明としか言えません。

出典:Abema TV

封じ手直前には両者頭を抱えるシーンも多く(佐藤名人は午前中からこのような感じでしたが)、一日目から濃密な読み合いとなった激戦の様子を物語っていました。特に佐藤名人は夕方頃から髪の毛を指でくるくる回すクセも飛び出し、読みの集中度が一段と高まっていたようです。明日も朝から目が離せない展開となりそうです。

名人戦第1局:独特過ぎる佐藤天彦名人の「寝たふり」ポーズ

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 

down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。