将棋を100倍楽しむ!

羽生竜王の封じ手は意表の△7三角!名人戦2日目は羽生ワールドで始まる

time 2018/04/20

佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑戦するぢ76期名人戦第2局は、石川県小松市にて二日目が始まっています。


羽生竜王の先勝を受けた本局は佐藤名人の先手で角換わりへ進み、後手の羽生竜王が早繰り銀から先攻しました。第1局に続き1日目から大決戦に突入する可能性もありましたが、佐藤名人が穏やかな順を選んだことにより戦いが本格化する前の局面で封じ手を迎えました。

36手目の羽生竜王の封じ手は△7三角でした。現地の控室などでも全く予想されておらず、かなり意表を突く一手でした。パット見の意味としては、▲7五歩には相変わらず△8四角があり、△4六角を防ぐには形として指しづらい▲4八飛しかない、という主張なのでしょうか。

後手としては角を手放した代償に先手の右辺からの反撃を牽制し、その間に6筋の位を目標にして作戦勝ちを狙う構想だと思われます。佐藤名人としても△7三角が予想の本命だったとは思えないので、午前中から長考が続きそうです・・・

と書いていると、午前9時10分に佐藤名人が▲4八金と着手しました。△7三角を本命視していたのだとすると、さすがは最高峰の名人戦と言うしかありません。第1局に引き続き、本局も熱戦となりそうな気配が一層強くなりました。

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 

down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。