将棋を100倍楽しむ!

藤井六段公式戦14連勝!師弟対決に勝利

time 2018/03/08

第68期王将戦1次予選、杉本昌隆七段対藤井聡太六段の対戦は、藤井六段が千日手指し直しの末111手で勝ちました。これで公式戦14連勝となり、次局は3月15日にC級2組順位戦で三枚堂達也六段と対戦します。


出典:産経新聞

初の師弟対決は、結果的に藤井六段の快勝に終わりました。1局目は杉本七段の角交換振り飛車から序盤に千日手が成立し、後手番の藤井六段としては不満のない結果に。指し直し局は杉本七段のノーマル四間飛車に対し、藤井六段は居飛車穴熊から後手の無理攻めを咎めて自然にリードを奪います。

杉本七段が△4五飛と勝負手を放った局面。▲同銀は△5七角成、▲3五銀は△4九飛成で途端に難しくなります。

しかしここで藤井六段が▲6八角と上がったのが受けの決め手。後手玉は5五角の王手の筋や端の傷が大きく、これ以上強攻しても先手からの反撃に耐えられない形です。以降は粘る師匠を弟子が冷静に押し切りました。

最近の充実ぶりを象徴するような万全の勝ち方で14連勝目を飾った藤井六段。次の対局は3月15日に、三枚堂六段との順位戦最終局が行われます。既に9連勝でC級2組からの1位通過を決めている藤井六段ですが、三枚堂六段との対戦成績はこれまで0勝1敗ということもあり、来季への弾みをつけるためにも雪辱を果たしたいところです。

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 

コメント

down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。