将棋を100倍楽しむ!

名人戦第3局:封じ手は▲5八玉、佐藤名人のアザラシは勝利を呼び込めるか

time 2018/05/09

第76期名人戦七番勝負第3局、佐藤天彦名人vs羽生竜王の対局は、奈良県奈良市にて2日目を迎えています。


出典:Abema TV

角換わり腰掛け銀模様の序盤から、後手の佐藤名人が角を自陣へ打って歩の交換を目指したのに対し、羽生竜王も角を打って7筋から反発。先手の左辺の広さに対して後手が玉形の堅さを主張する展開となりました。

53手目の羽生竜王の封じ手は▲7八玉でした。9筋の位へ近づきながら3五角の可動域を広げる、自然な手の一つです。個人的にはよりバランス重視な▲5八玉を本命視していましたが、▲7八玉でもこの後同じように▲6六歩から後手の角を目標に盛り上がる展開は考えられそうです。

後手の佐藤名人としては本局を制することが出来れば、第4局は先手番の上に地元福岡での対局、さらに4勝1敗で名人位を奪取した2年前と同じ星取りになり、3連覇に向けて大きく前進します。アザラシ柄の勝負和服の投入は果たして吉と出るのでしょうか。

出典:Abema TV
宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 

down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。