将棋を100倍楽しむ!

名人戦第3局は意外な角換わりに、羽生竜王の封じ手と2日目の展開を予想

time 2018/05/08

第76期名人戦七番勝負第3局、佐藤天彦名人vs羽生竜王の対局は、羽生竜王が53手目を封じて1日目が終了しました。


出典:Abema TV

後手の佐藤名人の得意戦法である横歩取りが大本命かと思われましたが、2手目は△8四歩で早くも予想が外れました。第1局のような最新形の激しい将棋に自信のない変化があったのか、長い七番勝負の先を見据えての変化球なのかは興味深いところですが、本局は角換わりの比較的穏やかな将棋になりました。

後手が△6四角と打って△7五歩から歩の交換を目指したのに対し、先手も▲5七角と打って7筋から反発し、左辺の広さを主張する先手対玉の堅さで優る後手という構図になっています。

先手陣があまり見なれない形で、両者共に今後の構想力が問われそうな茫洋とした局面ですが、封じ手は▲5八玉を予想します。後手からいずれ△7四歩と決戦を挑まれた際にあらかじめ4八金の浮き駒にひもをつけつつ、3五角の可動域も広げる手です。以下は▲6六歩、△同歩、▲6五歩と反発し、▲4六角や▲5七角~6六角を狙って行くような展開でしょうか。

▲5八玉以外では、他には9筋の位へ近づく意味で▲7八玉とこちらへ行く手もありそうで、△7四歩なら▲5七角と引いておけば現状は受かっています。他には▲5七角もいずれ引くことになりそうなので指して見たい手ですが、いきなり△5五歩、▲同歩、△5六歩(▲同銀なら△5六歩)から暴れて来る順があるため、やや選びづらそうです。

玉形が薄い先手は一瞬のスキも許されない神経を使う展開ですが、▲6六歩~▲6五歩と後手の角を目標にして盛り上がる手段があるため、角の働きは先手に分があります。どちらかといえば先手を持って指したい気がします。

七番勝負の行方を占う第3局に、アザラシ柄の勝負和服を投入した佐藤名人の明日の構想が注目されます。

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 




 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。