将棋を100倍楽しむ!

王位戦第1局は菅井王位が先勝、豊島八段の粘りを振り切った快勝譜を徹底検証

time 2018/07/05

第59期王位戦七番勝負第1局、菅井竜也王位vs豊島将之八段の対局は、菅井王位が133手で勝利しました。


最強の挑戦者の粘りを振り切った快勝譜を検証します。

出典:Abema TV

大決戦

先手の菅井王位の中飛車に対し、豊島八段が左右の銀を繰り出す急戦含みの立ち上がりとなりました。序盤は早指しで飛ばすことが多い両対局者ですが、本局は一手一手に時間を惜しみなく使うスローペースとなりました。

菅井王位の▲5四歩に対し、豊島八段が2時間を超える大長考の末に△4二金寄と指し、菅井王位が1時間半の長考を返して封じ手を迎えました。▲5四歩で次の▲7五歩の仕掛けを見せた手に対し、△4二金寄はその手を受け切れると主張した上で、△5二飛~△5五歩~△5四飛を見せて相手の動きを催促する最も強気な一手です。一気に決戦となる可能性を秘めた局面だけに、△4二金寄を指す側も指された側も大長考となるのは自然ではあります。ただし、感想戦では豊島八段は自信があるというよりは△4二金寄と指せないようではまずい(△4二金上では進展性がなく5四歩の拠点が活きる)、というニュアンスだったため、この辺りは先手の利を最大限に活かした菅井王位の構想が機敏だったようです。

封じ手の▲4五歩で、2日目の開始早々から大決戦に突入しました。以下△同銀、▲7五歩、△8四飛に▲7五銀が狙いの一手で、△同飛、▲5三歩成、△同金、▲2二角成、△同玉、▲6六角、△5五歩、▲7五角、△同銀、▲7一飛と進み、玉が堅い上に▲5五飛から駒損を回復する手も残っている先手が主導権を握る展開となりました。

▲4五歩、△同銀、▲7五歩には、△5六歩と変化する手も有力で、▲7四歩に△7六歩、▲6八角、△6五桂の順も十分考えられました。後手としては比較的変化の余地が少ない中で受け続けることを強いられる本譜の手順と比べると、こちらの方が勝った可能性はありそうです。

細かい捌き

数手進み、先手が駒損を回復した局面。次の▲5四歩が気になることもあり、豊島八段は△5四角と打ちましたが、▲4六飛と一つ引いた手が気づきづらい妙手でした。以下△8八角に▲5六飛が地味ながらうまい継続手で、△5五歩には▲2六飛(ここへ回れるのが4段目に引いた効果)、△9九角成、▲9一飛成、△2四香に、▲同飛、△同歩、▲1二香(!)と強襲され、9九馬が自陣に効いていない後手は△同香だと▲1一銀があるため支え切れません。

▲5六飛に対し、豊島八段は長考の末△9九角成と開き直りましたが、飛車をいじめるために打った5四角をあっさり▲5四飛と切られては形勢を損ねました。感想戦では△5四角と△3三角で迷っていたと仰っていましたが、確かに△3三角なら先手も4五飛を捌くことは簡単ではなく、実戦的にはまだまだ大変な勝負でした。

最善の粘り

菅井王位の快調な攻めが続き、先手は「堅い、攻めてる、切れない」上に駒損もしていないという典型的な勝ちパターンに入りつつあります。しかしここで△5一歩と打った手が柔軟な受けで、▲7一角成に△4二銀打と徹底抗戦の構えを見せ、後手も容易には崩れません。

突破されそうな7一の防波堤を明け渡し、△5一歩と新たなバリケードを築いたのはさすがの着想で、豊島八段の底力が垣間見えた瞬間でした。菅井王位も一気に決めることは出来ず、依然として先手優勢ながら40手以上もねじり合いが続く展開となりました。

一手勝ちを読み切る

豊島八段の頑強な粘りの前に菅井王位がやや手を焼き、先手陣にもいつしか火の手が上がっています。しかしここで▲4一金と俗手で迫ったのが冷静な一手で、ようやくゴールが見えてきました。後手は持ち駒を投入すると攻めを切らされてしまうため、△5二金と引きましたが、▲4三歩、△同金、▲4四銀が厳しい追撃です。以下△2五香、▲4三銀成、△2六香に、▲5七馬と桂を補充できるのが大きく、△同金に▲3二成銀から菅井王位が即詰みに打ち取りました。

終盤は豊島八段もさすがの粘りを見せましたが、全体としては菅井王位が一度もリードを奪われることなく押し切った快勝譜でした。序盤の進行は類似形も多いだけに、仕掛け前後の変化はある程度事前の研究があったはずで、振り飛車党としての経験値の差が物を言った側面もあったのかも知れません。

一方の豊島八段としては珍しく終盤までにはっきり形勢を損ねる展開となってしまいました。7月は同じく挑戦中の棋聖戦とも重なる過密日程が続きますが、第2局以降の巻き返しが期待されます。

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 



down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。