将棋を100倍楽しむ!

王位リーグ最終戦一斉対局がスタート、混戦の優勝争いを制するのは誰だ?

time 2018/05/17

菅井竜也王位への挑戦権を争う、第59期王位戦挑戦者決定リーグ最終戦が本日一斉に行われています。


出典:Abema TV

紅組は羽生善治竜王と村山慈明七段が3勝1敗で並んでいます。両者が勝つとこの二人によるプレーオフ、どちらか一方のみが勝つと単独での挑戦者決定戦進出となります。羽生竜王と村山七段が共に敗れた場合は、木村一基九段と松尾歩八段を加えた四人が3勝2敗で並びますが、この場合はリーグ戦での直接対決の結果が重視されて松尾八段が挑戦者決定戦へ進出します。そのため、現在トップを走る羽生竜王と村山七段も挑戦争いに残るためには自身の勝利が絶対条件となっています。

白組は澤田真吾六段が4連勝で単独トップを走り、4回戦で澤田六段に敗れた豊島将之八段が3勝1敗で追っています。澤田六段が敗れ、豊島八段が勝った場合のみ、この両者によるプレーオフとなります。澤田六段は昨年の王位リーグでは挑戦者決定戦まで勝ち進んだものの、菅井竜也七段(当時)に敗れて初のタイトル挑戦を逃しています。昨年のリベンジへ向けて、最終局で勝って単独でのリーグ優勝を決めたいところです。

紅組の最終戦で対局している羽生竜王、木村九段、松尾八段、村山七段は長年研究会を行っている「羽生研」のメンバーでもあり、手の内は知り尽くしています。混戦の優勝争いを制し、菅井王位への挑戦者決定戦へ進出するのは果たして誰でしょうか。

宜しければクリックをお願いします
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
bougin にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
 

down

コメントする







 当サイトについて

ベンダー

ベンダー

将棋界の最新ニュース、独自のコラム、詳しい棋譜解説から将棋めし情報まで、将棋を100倍楽しむためのコンテンツをご紹介します。
当サイトはリンクフリーですが、記事・画像の無断転載は固くお断り致します。相互リンクをご希望の際は、サイト下部のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
管理人の棋力はアマ五段くらい。好きな棋士は谷川浩司九段、「将棋の渡辺くん」に登場する渡辺棋王、佐々木勇気六段の話をする三枚堂達也六段、「りゅうおうのおしごと!」に登場する空銀子女流二冠です。

メールマガジン登録

当サイトの更新情報をメールでお知らせします。受信箱を確認して登録手続きを完了して下さい。